証券化管理業務をベストソリューションでサポートします。

採用情報

仕事について

顧客企業の会計記帳から決算のとりまとめまで、ご本人の経験やスキルに応じて経理業務をお任せします。
入社後はSPCの記帳を中心に難易度の高くない案件を担当していただきながら、次第に難易度の高い案件に挑戦していただきます。業務はチーム体制となっており、アシスタントマネージャーの下で5~6名のチームで複数の案件を担当します。

前職は不動産会社で経理を担当していました。管理職のもとで決算業務や支払業務に携わっていましたが、数年間働いているうちに、経理の仕事に興味ややりがいを感じ、新しい業務経験を積みたいと思うようになりました。事業会社を含めた複数の転職先候補を見た中で、BTKソリューションは、アウトソーシング業務という部分に対して、さまざまな企業の会計に関わり経験を積むことで、自分のスキルの幅を広げることができるのではないかと思いました。
面接で担当の方ととても話しやすかったのも好印象でした。私は英語が好きで定期的にTOEICを受けていたのですが、それを知った面接官から外資系企業の案件を任せてもらえるというような話もあって、これはチャンスだと思いました。
そして、BTKソリューションなら、自分自身の力がダイレクトに会社の成長につながると感じたのが大きかったですね。


経理経験はあったものの、最初からSPC会計や国際会計などの会計知識があったわけではありません。入社以来、SPC管理と証券化に関する幅広い実務をはじめ、外資系企業の経理業務や、外国の会計基準の組替え作業などを任せてもらう中で、自ら調べたり、先輩社員に聞いたりしながら、スキルを高めてきました。
幅広い案件を担当させてもらっていますが、特に外資系企業の日本法人の立ち上げの際などは、会社のルールや経理業務のノウハウについて何もないところから、「創造していく」面白さがあります。企業のトップクラスの方々と接点を持ち、会社の立ち上げに関わっていくことができるのは大きな魅力ですね。
また、SPC会計に携わることで、最新の金融事情に通じつつ、国の経済動向を感じながら仕事ができることも刺激的です。
外資系企業の業務については日常的に外国人の役員クラスに解説を求められたりするので、英語と会計知識のブラッシュアップは常に意識して取り組んでいます。最近、BATIC(国際会計検定)のアカウンティングマネージャーの資格を取得し、TOEICの点数も100点以上上がりました。


私のようにどんどん任せてもらって経験を積みたいという社員もいれば、家庭と両立させながら仕事をしていきたいという社員もいます。
男女の待遇にはまったく差がありません。子育て中のスタッフもいますし、仕事の進捗を自分である程度コントロールしながら時間管理ができるので働きやすい環境だと思いますね。
BTKソリューションには、社員の挑戦意欲を後押ししてくれる社風がありますし、個人を尊重してくれる自由な気風のある会社ですから、チャンスはいくらでもあると思います。
プライベートと仕事を両立させたいという方も、これからスキルアップして大きなキャリアチャンスを手に入れたいと考える方にも、働きやすい環境が揃っていると思いますね。